稲荷宮新築計画会社用

HOMEお稲荷さん > 稲荷宮新築計画会社用

会社や工場の一角にお稲荷さんをお祭りする社を作ります。

    1. まずは神域の広さを決めましょう。

 

    1. 間口2間(3,6m)×奥行2間半(4,5m)

 

    1. 配置を決めましょう。

稲荷宮配置図

    1. ご本殿が東から南方向を向くように設置。

稲荷宮

    1. 外周を玉垣で囲い結界とする。

稲荷宮 玉垣 

    1. 入り口に鳥居を設置。

稲荷宮 稲荷鳥居

    1. 講や奉納者が他にあれば鳥居を追加する。

稲荷宮 稲荷灯籠

    1. ご本殿前に灯篭を設置する。

稲荷宮 神域

    1. 大きさは違いますが、だいたいこのような仕上がりになります。

 

    1. 霊狐、鳥居、灯篭の位置が神社によって異なっていますので

 

    1. この並びはあくまで参考にとどめてください、

 

    1. お祭りの仕方はそれぞれ違っています。

 

    1. この計画を元にして工場の一角にお稲荷さんをお祭りしました。

稲荷宮
施工例17

    1. で全体をご紹介しています。
  • 予算の設定(平成28年)

 

予算設定
商品名 寸法 個数 値段
お稲荷さんご本殿 流れ造宮尺5 1社 3,900,000円(税別)
台座 4尺 1台 450,000円(税別)
稲荷鳥居 6寸 1基 450,000円(税別)
稲荷灯篭 6寸 2基 320,000円×2基=640,000円(税別)
朱塗り玉垣 3寸5分 9間 130,000円×18=2,340,000円(税別)
霊狐 尺2 1対 180,000円(税別)
霊狐台座 80cm 1対 500,000円(税別)
周辺工事 基礎など 一式 1,500,000円(税別)
合計 9,960,000円(税別)

 

ページトップに戻る