内宮参拝(帰り道)

HOME伊勢神宮内宮参拝8

内宮参拝(帰り道)


御正殿を下りると 隣に広く開いた遷宮用の御敷地があります。
二十年に一度、御正殿が右に左に 順番に行ったりきたりします。


つまり遷宮(せんぐう)すなわち宮を移すのです。
伊勢の地では神宮さんに倣って、あちこちの氏神さんでも遷宮をされるお宮がたくさんあります。


帰り道には荒祭宮へ向かう 順路の立て札があります。
荒祭宮に向かう途中には御稲御倉外幣殿などがあります。
これはお宮ではないので玉垣(たまがき)がないので建物の構造を間近でみることが出来ます。


神楽殿まで戻ってきました。
ここでは御神札や御守りを受けることが出来るのでぜひとも御神札を受けて帰ってください。


以前はこんなに種類はなかったのですがたくさんの種類のお守りがあります。
御神札は昔と一緒 剣祓い、角祓い、大角祓いの3種類です。
この御神札を入れる入れ物が私の造っている神棚です。


神楽殿を後にして右に折れ帰りは近道を戻っていきます。
こちらに向かうとトイレやちょっと休憩できる参集殿があります。