宇治橋の架け替えその5

HOME伊勢神宮歳時記宇治橋架け替えその5

宇治橋の架け替えその5

  ujibasikiita03_img.jpg(171906 byte)
平成21年7月9日 橋桁の上に敷板をひいていました。
まずは敷板を取付ける少し先に巨大なクランプにて当て木を取付、
その当て木に手動油圧のプレスを取付けます。

ujibaisikiita04_img.jpg(30346 byte)
「木ごろし」が終わった敷板が運び込まれ、側面にボンドを塗ります。

ujibaisikiita05_img.jpg(29757 byte)
同時に敷板に4箇所あるダボを打ち込みます。
もう1人の職人は取付面のごみを取り除くためにブロアーで掃除しています。

ujibaisikiita06_img.jpg(30600 byte)
2人の職人が息を合わせて、掛けやで敷板を打ち込みます。

ujibaisikiita07_img.jpg(29726 byte)
プレス機にて敷板を押さえ込んでおきます。

ujibaisikiita09_img.jpg(30571 byte)
下穴をドリルで開けてから30cmくらいある大きな和釘を打ち込みます。
木柄大きいので何もかものスケールがでかい、和釘1つでもこんな調子です。

ujibaisikiita10_img.jpg(30648 byte)
最後に釘締め作業を二人の職人で行っていました。
一人がポンチらしき道具を釘の頭にのせて
もう一人の職人がポンチの頭を玄翁で叩きま、釘頭を沈めます。
600枚の敷板をこのような要領で貼って行きます。
この作業は9月はじめまで続くそうです。
今なら(H21.7月-8月)コンコンと木ごろしする軽快な音が聞けます。