小俣神社

HOME > 伊勢神宮神宮125社めぐり小俣めぐり>小俣神社

小俣神社(おばたじんじゃ)

神宮125社めぐり 小俣めぐり
豊受大神宮摂社

社名の「小俣」は鎮座地周辺の地名であるが、『延喜式神名帳』では「おまた」と読み、現今は「おばた」と読む。この地域に外宮の摂社が祀られているのは、宮川下流一帯が度会氏によって開拓されたからである。外宮の所管する神社の中では宮川左岸に位置する特殊な神社であるが、皇大神宮(内宮)の所管する神社は宮川左岸にも数多くあり、伊勢神宮全体でみた場合、珍しいわけではない]。地域住民からは「いなべの社」、「稲女(いなめ)さん」と呼ばれ、親しまれる。祭神に由来する俗称と考えられる。地元では氏神の祭礼当日に小俣神社へ参拝する風習がある。

ご祭神は宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)
伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)の子であり、五穀豊穣の守護神である。

八柱神社
東側には隣接した八柱神社あり

小俣神社入り口
小俣神社の入り口はうっそうとしており、入り口が判別しづらい。

小俣神社
小俣神社