瀧原宮

HOME > 伊勢神宮神宮125社めぐり瀧原めぐり>瀧原宮

瀧原宮(たきはらのみや)

神宮125社めぐり 瀧原めぐり
皇大神宮別宮
ご祭神
天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)

瀧原宮の、正確な起源はわからない。本宮は、倭姫命が内宮よりも先に天照大御神を祀った場所という伝承がある。『倭姫命世記』によると、第11代垂仁天皇の皇女倭姫命が、宮川下流の磯宮(いそのみや)より天照坐皇大御神(天照大神)を祀る地を探すために上流へ遡ったところ、宮川支流『大内山川』の流域に「大河の瀧原の国」という美しい場所があったので、草木を刈り新宮を建てた。だが天照皇大神の神意により、現在の内宮のある伊勢市宇治館町に新宮(五十鈴宮)を建てたため、天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)を祀る別宮となったとされる。神宮ではこの説を採る。

『延喜式』には、両別宮ともに「大神の遙宮」と表記され、祭神名は表記されていない。神宮では、祭神を天照大御神の御魂(あまてらすおおみかみのみたま)とする。さらに、瀧原宮はその和御魂(にぎみたま)、瀧原竝宮は荒御魂(あらみたま)が祀られるとされる