狭田国生神社

HOME > 伊勢神宮神宮125社めぐり田丸めぐり>狭田国生神社

狭田国生神社(さたくなりじんじゃ)

神宮125社めぐり の田丸めぐりのお宮です。
狭田国生神社(さたくなりじんじゃ) 皇大神宮摂社
ご祭神は3柱
速川比古命(はやかわひこのみこと)
速川比女命(はやかわひめのみこと)
山末御魂(やまずえのみたま)

三重県度会郡玉城町佐田字牛カウベ322番地に鎮座する神社で、玉城町にある13の摂末社のうちの1社である。内宮の摂社27社のうち、第26位である。

社名の「狭田」とは所在地「佐田」に由来すると推定される。また地元通称の「はいこ」とは、祭神の速川比古命(はやかわひこのみこと)の変化したものと考えられる。『勢陽五鈴遺響』では「方俗ハイコ社域ハ寒河社(さむかわしゃ)ト称ス。」と記されている。

倭姫命が定めた神社である。社殿は神明造の板葺で南向きに建っており、写真にあるように一重の玉垣に囲まれている。賽銭箱は置かれていない。

 

狭田国生神社の石碑

狭田国生神社