伊勢型神明宮の屋根製作

HOME > 外祭宮 > 伊勢型神明宮 > 伊勢型神明宮の屋根製作

伊勢型神明宮の屋根製作

伊勢型神明宮の桁梁
伊勢型神明宮の胴部分が出来上がったので屋根を製作します、
まずは桁梁の加工、組立です。

伊勢型神明宮の屋根組立
伊勢型神明宮の屋根下地が組立出来たので
屋根板、破風を取付ます。屋根板は地桧の厚い板をサネを入れながら並べます。
伊勢の神明宮は左右の破風が延長して千木に成りますが、
輸送、製作の都合上、千木は取り外して後で取り付けるようにします。

伊勢型神明宮の屋根防水
伊勢型神明宮の屋根が組み上がったら、銅板の下地に
屋根板の上に防水用のアスファルトルーフィングを貼り付けます。
これで雨漏りは完全に防げます。

伊勢型神明宮の屋根オガワラ
伊勢型神明宮の屋根の上に「オガワラ」を並べます、
屋根全体に銅板葺をを施します。

伊勢型神明宮の千木、勝男木
伊勢型神明宮の屋根の銅板葺が済んだら、最後に千木、勝男木を取付ます。

伊勢型神明宮
伊勢型神明宮の胴と屋根を組み立てました。

 


外祭宮  伊勢型神明宮  伊勢型神明宮の胴組立  ページ先頭