神明造宮の製作1

HOME外祭宮 > 神明造宮の製作1

神明造宮の製作1


土台部分の組立ての様子。

本柱を丸鉋にて仕上げます。

銅板葺きをする屋根の下地が出来ました。

色々なクランプを使って胴を組立てます。

高欄の組立てをしています、1本の木から切り出した
平桁を擬宝珠柱に取付けています。

高欄の登り部分、地伏(じふく)平桁(平桁)架木(ほこ)が
整然と並んでいます、最も加工に手間が部分です。

[進む]

ページトップに戻る