宮師の紹介

HOME宮師の紹介

ご挨拶

伊勢の宮師が作る本物の神棚、御霊舎、神具をあなたにお届けいたします。

伊勢神宮のお膝元にて御神木の木曽桧にこだわりながら

祖父の代より神棚作りつづけています.

スプルースや米桧、米ヒバなど安価な外材で作られている神棚?

錺金具と呼びながら金色のプラスチックをボンドで貼り付けたり?

大きな真鍮釘(しんちゅうくぎ)を真正面から打った神棚が販売されています。

神棚、神具はもっと誠実に作らねばなりません。

三代目宮師 『西口 直孝』(にしぐち なおたか)

宮師 貴方とここで出会えた
奇跡に
心より感謝いたします
1960年 伊勢に生まれる。現在56歳 仕事盛りです
1979年 三重県立伊勢高校卒業
1984年 三重大学水産学部水産学科卒業
在学中はラグビーに明け暮れておりました
卒業からすでに30年 いまだに毎年正月には仲間が集まります
1985年 二代目宮師 父『西口正孝』のもとに弟子入り
私の生涯の役割がこの時点で決まりました
1989年 有限会社 西口神具店 設立 代表取締役に就任
1999年 建築大工1級技能士資格取得
3年かけて3度目の正直でやっと合格
2005年 二級建築士資格取得
こいつは1回で合格
2007年 第二種電気工事士資格取得
これも実技試験 3度目の正直でなんとか合格 実技は難しい
これで御霊舎の配線工事も自分で出来ます。
2013年 合気道初段取得
上田師範の道場に通い始めて6年
やっと憧れの黒帯を締めることが出来るようになりました
2013年 次男 賢太郎が中学校卒業後 私の後を追いかけてこの仕事を手伝い始めました
ただ感謝するだけです。
2014年 伝統的工芸品産業大賞 作り手部門 功労賞受賞
日々の神棚作りの仕事を評価していただけました。
とても感謝しております。
2017年 三男 真太郎も高校卒業後 この仕事を手伝い始めました
とても感謝しております。

家族

愛妻 大学院生の長男を筆頭に年子の子供が5人の一家7人の大家族
雌の「こすず」秋田犬が1匹

趣味

  • 日々の出来事を「ひとりごと」にてつぶやいております
  • 刃物研ぎ 鉋 鑿 をいかに上手く研げるか日々鍛錬 探求しています
    『削ろう会』鉋の薄削りを楽しむ会にて
    全国あちらこちらへ出かけております。
  • 読書(ジャンルなしのでたらめ乱読)
    ブックオフの安価本で心に訴えるやさしい文章を探しています。
  • 長男光太郎が中学生になり、子供部から大人部に練習時間が変更になったのをきっかけに
    一緒に合気道の練習を始めてから6年
    平成25年1月に長男と一緒に初段を授与されました。
    現在も週に1回合気道の練習に汗を流しています。
  • 自転車店で偶然見かけたルイガノのロードバイクに一目惚れ
    現在はスペシャライズドのカーボンバイクで片道7kmの通勤に利用、
    同級生の仲間とツーリングにも出かけます。

活躍

東海テレビのスタイルプラス 「東海職人列伝」

平成27年12月27日に東海テレビのスタイルプラス 東海職人列伝にて
私の仕事を紹介していただきました。
時間16分45秒

平成25年度伝統的工芸品産業大賞

NHK津放送局のホットイブニングミエ「東海の技」

平成20年3月31日にNHK津放送局のホットイブニングミエ東海の技で
私の宮師としての仕事を紹介していただきました
時間6分46秒

刃物研ぎ

鉋の刃を研ぎこむとこんなことも出来ます。
髪の毛を切ってみました。
https://www.youtube.com/watch?v=wibmrb8wJq8

時間40秒

薄削り

薄削りの様子、木曽桧をよく研いだ鉋で削ると
繊維状態になり巾が3倍位に膨れ上がります。
時間1分40秒

御扉の鳴り

御霊舎の御扉を開く時の鳴り。
その他にもoyakata1960で仕事の様子を紹介しております。
時間17秒

リンク

伊勢神宮
神宮は私のふるさと、子供のころは神宮の山と勾玉池ですごしました。
大工道具の曼陀羅屋

木工歴25年、大工道具を販売して15年、道具が使える店主のこだわりの大工道具販売

砥石選び

砥石とレベルの高い刃物研ぎを学ぶならお勧めいたします。

craft WAKU

頭の柔らかい、センスが光る木工家 趣味の域は超えています。

三重合気道会
私が通う合気道場、上田師範の元に集い、いい仲間たちといい汗を流しています。
Created by ez-HTML
充実したカスタマイズ、正確な入力支援、XHTML形式出力も記述ができる高機能・次世代HTMLエディタを無料で利用させてもらっています。
PCサイトマップ自動生成ツール
PCサイトマップ(sitemap.xml)を作成するツール。