厚畳(あつじょう)

HOME神具一覧 >布や繊維の神具 >厚畳

厚畳の詳細

厚畳「あつじょう」は古来より神座「しんざ」の御帳台「みちょうだい」の座に敷かれる
座席として用いられてきました。
私たちの日々の礼拝を厚畳の上に座して格式高くすることが出来
さらに喜び深いものになるのではと思い製作しました。
高麗縁厚畳
高麗縁「こうらいべり」の厚畳
伊勢神宮の内宮神楽殿では同じ柄の高麗縁の畳がしかれています。

厚畳
高麗縁の厚畳を神床の前に敷きました。

繧繝縁厚畳
繧繝縁「うんげんべり」の厚畳

厚畳
繧繝縁の厚畳を神棚の前に敷きました。

厚畳
高麗縁と繧繝縁の厚畳を神棚と御霊舎の前に敷きました、
日々の礼拝は厚畳に座って行います。

御霊舎の下に敷く
厚畳本来の使い方
御霊舎3尺型を厚畳に載せました。