HOME神棚 > 板屋根の神棚 > 板屋根通三社

板屋根通三社宮

神棚全体図
幅640×奥行300×高さ450
屋根の高さが同じで御扉が三社の社です。
神棚の屋根
木曽桧の柾目9mm板を使っています。
御扉は3つに分かれていますが御内陣仕切りがありません。
神棚の御扉
賑やかな錺金具が木曽桧によく映えます。
御扉の錺金具はすべて2分金釘打ちです。
中央の大きな御扉がより引き立ちます。
itat310.jpg(101358 byte)
御扉を開けると戸張が下がっているのが見えます。
神棚の屋根
大きい屋根が懐の大きさを感じさせてくれます。
軒下の垂木(たるき)がきれいに整列しています。
4本の千木が凛と天を指します。
千木の取付 神棚の高欄
階段 土台 高欄まで切りっぱなしでは無く
すべて木口を鉋がけ面取りを施してあります。
4段の階段は1本の木曽桧から木取してあるのでとても美しいです。
神棚と御神札
階段と高欄ののぼり周辺はすべて木口を鉋がけ面取りを施してあります。
itat309.jpg(90242 byte)
内陣は仕切りが無いので幅380mm×行50×高さ265-285mmあります。
棟の部分が三角になっているので3mmくらいの厚みの御神札であれば
高さ285mmのものが入ります。
神宮さんの角祓大麻を収めてみました。
神棚と神具
飾り付けには幅70cm×奥行43cm×高さ48cmのスペースが必要です

itat308.jpg(33145 byte)
飾り付けには幅90cm×奥行48cm×高さ55cmのスペースが必要です