HOME神棚 > 茅葺屋根の神棚 > 茅葺袖付宮

茅葺袖付宮

茅葺袖付宮の正面
巾550×奥行300×高さ490
茅葺神明造の簡素な社です。
細部まですべて木曽桧を使い、手打ち錺金具を取付けてあります。
屋根は茅葺 太い棟持柱(むなもちはしら)で力強く屋根をささえています。
茅葺袖付宮の側面
棟持柱 大きな御扉 そしてどっしりとした茅葺の屋根がよく引き立ちます。
茅葺袖付宮の御扉
手打ちの御扉錺金具小さいながらも2分の金釘で取付けてあります。
茅葺袖付宮の戸張
御扉を開けると戸張が掛けてあります。
茅葺袖付宮の屋根
屋根は伊勢神宮と同じ茅葺です。
どっしりとして茅葺屋根のゆるい曲線が美しいです。
長い千木が天を指しています。
千木の取付 茅葺袖付宮の高欄
階段 土台 高欄まで切りっぱなしでは無く
木口を鉋がけ面取りを施してあります。
茅葺袖付宮と御神札
このように御扉と高欄を取り外はずして中に御神札をいれます。
内陣は巾158mm×行68×高さ200mm〜270mmあります。
棟の部分が三角になっているので3mmくらいの厚みの御神札であれば
270mmの高さのものが入ります。
伊勢神宮の角祓大麻を収めました。
茅葺袖付宮の祀り方
お祀りには巾70cm×奥行40cm×高さ50cmのスペースが必要です

茅葺袖付宮の祀り方
お祀りには幅90cm×奥行40cm×高さ50cmのスペースが必要です。