神棚,御霊舎の専門店

HOME施工例施工例9

施工例9

設置場所に応じた別誂えの稲荷鳥居を製作させていただきます、
お手数ですが下記の方法にてご連絡お願いいたします。
連絡先 電話0596-58-7188 FAX0596-58-5016
メール oyakata@ise-miyashi.com

この施工例は東京都調布市

稲荷鳥居の部材
仕上がりが柱の太さ6寸(18cm)の鳥居の部材。
材質は地桧でほとんど節のない無地の材料を使います。

稲荷鳥居の柱8角加工
柱はほぞを付け、穴をあけて、8角形にしました。

稲荷鳥居の柱16角加工
柱に墨付けをして16角に加工しています。
柱の角を大きく取るとこのように節が出てくる時があります。

稲荷鳥居の柱の丸め
柱を32角まで加工してから、丸鉋で丸めます。

稲荷鳥居の笠木の加工
笠木は幅30cm×厚さ18cmもある大きな材料から削り出します。
柱のほぞが入る加工をしてから、笠木の曲線を墨つけします、
稲荷鳥居の笠木
笠木が出来上がりました。天場のきれいな曲線を望みます。

稲荷鳥居の仮組み
部材の加工が済んだので塗装する前に仮組みします。
人がゆっくりとくぐれる大きさです。
稲荷鳥居の朱塗り
稲荷鳥居は朱色、黒色に塗り分けるので、まずは朱色から塗装します。
塗料は自動車塗装に使う最高級のウレタン2液性を使います。

稲荷鳥居の黒塗り
続いて朱塗りした部分を養生して黒色に塗り分けます。

稲荷鳥居の板金
笠木の天場に銅板を貼ります。また銅板で柱の根巻きをして痛むのを防止します。
これで部品加工は出来上がり。

稲荷鳥居の組立
いよいよ現場での設置工事です。
地面に穴を掘って柱を立て、貫を入れ、笠木を乗せます。

稲荷鳥居の完成
稲荷鳥居が出来上がりました。

稲荷社全景
今回の工事はお宮、玉垣を地元の工務店が設置していただき稲荷社が出来上がりました。
ありがとうございました。