御霊舎施工例8

HOME御霊舎組み込み式御霊舎御霊舎施工例8

御霊舎施工例8

この施工例8は三重県多気郡
古い神徒壇を解体して新しい神徒壇を設置します。
建物は木造で真壁構法です。
連絡先 電話0596-58-7188 FAX0596-58-5016
メール oyakata@ise-miyashi.com
古い御霊舎
8畳の和室の押し入れを改造した古い神徒壇が設置されています。
古い御霊舎
建具を開けると神饌段が設置してあるので解体します。
壁は漆喰仕上げ、神饌段を上手に埋め込んでありました。
古い御霊舎の解体
神饌段を解体しているところです。
古い御霊舎の撤去
神饌段を完全に解体して、下地の根太が見えました。御霊舎の桧板貼り
桧の板を貼って床を作り直して、桧の床が出来上がりました。
壁にある神饌段を撤去した跡が目立ちますが
神徒壇を置けば全く見えなくなります。新しい御霊舎
神徒壇を設置しました。


左右の壁と上部の空間を隠すために壁代を貼りました。


神徒壇の内部に御翠簾を下げて完成と思いましたが。
旧神徒壇のイメージが強いので板戸を取付てほしいとの依頼があり、
別に板戸を製作して取付けています。


板戸を取付けて完成しました。
ありがとうございました。